情報アクセシビリティ勉強会報告書 / IRIS


ドキュメントの画像


内閣府障害者政策委員会「情報アクセシビリティ勉強会報告書」

第3次障害者基本計画の「分野別施策」のひとつに、「情報アクセシビリティ」があります。 2015年7月10日の障害者政策委員会では、他の施策と並んで「情報アクセシビリティ」に関する議論が行われました。

関連して障害者政策委員会ワーキング・セッションIV(情報アクセシビリティ)の報告書「平成26年度情報アクセシビリティに関する勉強会について」が公開されています。 本報告書では、アクセシビリティの観点から電子出版を次のように評価しています。

「電子出版は、視覚障害や学習障害等により紙の出版物の読書に困難を抱える障害者の出版物の利用の拡大に資すると期待されることから、関係者の理解を得ながら、アクセシビリティに配慮された電子出版の普及に向けた取組を進めるとともに、教育における活用を図る」

*石川准氏(障害者政策委員会委員長)、山口翔氏(情報アクセシビリティに関する勉強会構成員)はIRISのメンバーです。